有責配偶者 | 浮気調査なら探偵・興信所のガルエージェンシー小田原

お問合せフォーム

浮気調査は探偵 ガルエージェンシー小田原 > ブログ > 浮気 > 有責配偶者

浮気ブログ

有責配偶者

浮気

夫が若い女性と車に乗っていたところを見たと友人から言われた。本当かどうか本人に問い詰めたところ、職場の女性と何度か会い、浮気していることを認めた。
夫から離婚を考えていると言われたが、子供がまだ幼いため離婚はしたくないと考えている。その後話し合いを何度か行ったが平行線のまま話が進まない。

法律では、婚姻関係の破綻の原因を作った人のことを「有責配偶者」と言い、この有責配偶者からは離婚の申し立ての権利がないため、離婚することはできません。離婚届けを突きつけられたとしても、奥様が離婚届けに記入もしくは提出しなければ離婚しなくて済みます。この状況が長く続き、夫婦が別居することになった場合は、婚姻費用を請求すること、同居を求める調停をたてることができます。夫婦には同居する義務があり、別居することはその同居義務に違反するということになります。
調停を行っても、話し合いをしても離婚しなければならない場合、夫に慰謝料を請求することができます。お子さんが幼い場合は、慰謝料と合わせて養育費も請求することができます。

電話番号お問合せフォーム

疑問におこたえします

  • 浮気調査の料金はいくらくらい?
  • 浮気調査ってどんな事をするの?
  • 調査結果ってどんな形で貰えるの?
  • 探偵に頼むって大げさじゃないの?
  • 他の人も依頼してるの?
  • 結果を知った後はどうしたらいいの?
ブログ最新記事ブログ最新記事の一覧表示
ブログ
知人からの連絡
ブログ
離婚回避
ブログ
浮気チェック『嘘』
過去の記事
カテゴリ一覧
メニュー
  • 調査委員会
  • アクセス
  • 会社概要
  • お問合せ
  • 用語集

テレビ番組出演実績

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *